ストックフォト

ストックフォトとは?素材の販売を考えている方へ

更新日:

カメラが好きな人はある日、ふとストックフォトの存在に気がつきます。どうやら撮った写真が売れるらしい、しかも世界中で、、

僕自身、よしやるか!と思い、実際にはじめてみて今日に至ります。

 

ストックフォトとは

ストックフォト(Stock Photo)とは、頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。もしくは、写真を含むそのほかマルチメディア素材のこと。その中から、予算に応じて広告・出版等の制作会社が目的に合った素材を選び、使用料を支払うことで利用できる。

無料の素材については、基本的にストックフォトと呼ばない。

ウィキペディアより

 

ちなみに売れるのは写真だけでなく、イラスト、動画、音楽も取り扱っているサイトが多いです。

また、写真は一部ではスマホで撮った写真も販売できるサイトもありますが、基本的に販売出来る作品はデジタルカメラで撮影したものです。

 

有名なサイト

・アドビストック(フォトリア)

・ピクスタ

・シャッターストック

・istockphoto

・アマナイメージズ

・アフロ

・フォトライブラリー

上記のサイトは日本でかなりなじみのあるサイトです。特にピススタは有名ですね。写真の販売のみで生計を立てている方もいらっしゃるようです。また、いろんな方のブログなどを見るとシャッターストックが売れやすいようです。

また、無料配布サイトではありますが、写真ACというサイトもあります。一回ダウンロードされると2.75円もらえます。これから写真の販売をはじめてみたいという方にはおすすめです。

 

実際に売れるのか

はじめに数社に50枚ずつくらい登録して売れたのがはじめの月は3サイト合計で7点でした。収入にすれば数百円です。技術やセンス的な問題もあるかもしれませんが、カメラ初心者がはじめてすぐに多くを稼げるというものではありません。

むしろカメラを購入したりを考えれば、マイナスからのスタートです。生半可な気持ちでははじめない方がいいと思いますが、カメラや制作作業が楽しく、向上心のある方でしたら、好きなことで収入をえることができるのでおすすめです。

-ストックフォト

Copyright© 毎日の楽しいを創造するブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.