ストックフォト

副業としてのストックフォトの魅力

更新日:

副業が解禁され、何かいいものはないかとお考えではないでしょうか。ストックフォトはすぐに大金を稼げるようなのものではありませんが、楽しく長く続けることができます。

そのストックフォトの魅力に迫ります。

 

ストックフォトとは

ストックフォト(Stock Photo)とは、頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。もしくは、写真を含むそのほかマルチメディア素材のこと。その中から、予算に応じて広告・出版等の制作会社が目的に合った素材を選び、使用料を支払うことで利用できる。

無料の素材については、基本的にストックフォトと呼ばない。

ウィキペディアより

日本ではピクスタ、アドビストック、シャッターストック、アイストックなどが有名です。写真だけでなくイラストや映像、音楽も販売できます。

 

必要な機材、技術

当然カメラが必要になるわけですが、では、どのようなカメラを買うのがいいのか?という疑問が出てきます。

僕の経験上、やはり一眼レフをおすすめします。スマホカメラも最近では高性能化されていますが、そもそもスマホで撮影した写真は登録できないというサイトも多いです。

数十万円するような高額なものでなくても、エントリーモデルと言われるレンズとセットで10万円以下のもので十分にきれいな写真を撮ることはできます。

また、基本的には写真を撮ってそのまま投稿するというのとはしません。したがって、画像補正のためのソフトを使えるとさらに良いです。

有名なものがフォトショップとライトルームです。

簡単にいいますと、フォトショップはなんでもできるグラフィックソフト。ポスターを作ったりバナーを作ったりもできるソフトなので、単に写真を補正するだけでなく演出を加えることにも適しているソフトです。

ライトルームは写真の編集、管理に特化したソフトです。フォトショップのように文字を入れたり過度な加工はできませんが多くの写真を短時間に補正することに最適なソフトです。

もちろん写真の以外でイラストの販売も可能なので、その場合はIllustratorなどのソフトが必要になります。

いずれも、PDFでお馴染みのアドビという会社から月額料金制で利用できます。

 

空いている時間にできる

アルバイトをするとなるとどうして決まった時間を拘束されてしまいます。クラウドソーシングで副業をしようとすると納期に追われてしまうことも多いかと思います。

その点ストックフォトは自分のペースで空いている時間にできます。

これはかなり大きなメリットではないでしょうか。

また、写真やイラストが好きな人なら、その好きを活かして仕事ができます。

 

どれくらい稼ぐことができるのか

トップクリエイターはストックフォトの収入だけで生計を立てています。しかし、残念ながら楽してすぐに稼げるという類のものではありません。とくにカメラ初心者の方は最初の関門は作品が審査に受かることです。

僕もはじめの数カ月は収入らしい収入はほとんどありませんでした。はじめから収入のことは考えないほうがいいかもしれません。

ダウンロードされたということはその作品が誰かに使われているということなので、そのことに感謝して続けていこうというモチベーションを維持していくことが良いと思います。

 

売れる素材は?

ピクスタやシャッターストックなど有名なサイトで画像を検索してみて上位に表示されているものが売れている写真です。

「ストックフォトで売れる写真はありふれた写真だ」などと言われることがよくあります。しかし、実際にやっているとありふれた写真はすでに多く登録されていることに気が付きます。

汎用的でありながらオリジナリティはあったほうがいいという感じはします。

 

まとめ

ストックフォト副業は簡単に儲かるものではありません。

長期的なスパンで物事を考え、作品作りを楽しみながら向上心を持って取り組める方にはおすすめです。

-ストックフォト

Copyright© 毎日の楽しいを創造するブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.