カメラ ソフト

RAWファイルとは?メリット、デメリットなどもざっと解説!

更新日:

生たまご

写真のファイル形式にはjPG(ジェイペク)とRAW(ロウ)ファイルがあります。前者は一般的な形式ですが、後者はあまり聞かないかと思います。ここではRAWファイルについて、できるだけわかりやすく説明していきたいと思います。

 

RAWファイルとは

一般的な写真データ形式であるJPG形式のデータというのは、カメラが取り込んだデータを自動的に適正な色味や光量になるようにデータを削除し、圧縮した画像になります。それに対してrawファイルはまだ、データが削除、圧縮されるまえの状態で残っているファイルです。RAWとは「生」という意味になります。RAWデータはいわば色や光の情報がそのまま残っているデータ形式です。

したがって、後で写真を加工する場合にはより情報量の多いRAWデータで撮っておくとのちのち便利です。

 

RAW現像とは

RAWファイルの色味や光の具合などを調整し、JPGなどの一般的な写真形式のファイルに変換することをRAW現像といいます。

RAWファイルは各カメラメーカーにとって規格がばらばらです。ファイルの種類を区別する拡張子が各メーカーで違います。

ニャノンはCR2、ニコンはNEFというファイル形式になります。ここがRAWファイルのややこしいところ。

現像する際は、専用のソフトが必要になります。キャノンはDigital Photo Professional、ニコンはCapture NX-Dというものがあります。

いずれも無料で利用できます。

基本的にはそれぞれの使っているメーカーの出している現像ソフトを利用して現像することになります。

また、業界標準のソフトでアドビのライトルームというソフトがあります。こちらはほとんどのRAWファイルに対応しているので有料ですがとても便利です。

ネット上にハウツーも多くあります。

 

メリット

・ホワイトバランスが自由に変えられる。

ホワイトバランスをかえるだけで写真の雰囲気はがらりと変わります。JPGでは後で変えることができません。普段あまり意識しないでとっている人も多いかと思います。夜景などは「電球」にしてみると意外と幻想的な雰囲気になります。是非、RAWで撮影した際にはいろいろ試してみて下さい。

 

・加工がしやすい

情報が多くのこっており、加工がしやすい点です。インスタグラムやグーグルフォトなどでもみんな画像の加工はやったことがあるという人も多いと思います。スマホで撮った画像はjpgなので実は加工するのはどうしても制限されてしまいます。

RAWファイルであれば、一見失敗したかなと思ったような画像でも編集によって見違えるような画像にすることが出来ます。

 

デメリット

ファイルサイズが大きい

JPGに比べファイルが重くなります。ストレージの容量がどうしても多く使ってしまうことです。

 

ぱっとみキレイなわけではない

情報量が多いからといってパッと見てきれいな写真なわけではありません。あくまで現像するために情報量を多く保有しているということです。

 

どうすればRAWで撮ることができるのか

カメラメーカーにもよりますが、カメラのメニュー画面の「画質」を選択して「RAW」や「RAW+JPG」を選択して下さい。

「RAW」はRAWファイルのみで保存されます。

「RAW+JPG」はRAWファイルと+JPGファイルで保存されます。 RAWファイルはデバイスによってプレビューが見れない場合があるので、ストレージの容量が気にならなければ、「RAW+JPG」で保存することをおすすめします。

 

まとめ

RAWファイルとは圧縮前の色や光の情報が多く残っているファイルのこと。

だからといって、パッとみきれいなわけではない。

写真は撮るだけでなく現像することも楽しみ方の一つ。

後で写真の加工を行うのであれば、ろうで撮っておくと便利。

ファイルサイズが大きいのでストレージの容量は大きいほうが良い。

 

最後に

LightroomでRAW現像をしているとなかなか思いどおりに仕上がらずに、気がついたら一枚の写真を仕上げるのにかなりの時間を使ってしまったという経験は多くの人がしていると思います。

現像する前には、その完成のイメージを鮮明に持ってから取りかかることが大切です。

 

終わりを思い描くことから始める

スティーブン・コヴィー

 

-カメラ, ソフト

Copyright© 毎日の楽しいを創造するブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.