マーケティング

png8とpng24の違いをわかりやすく解説します!

更新日:

透明な水滴

フォトショップやイラストレーターではpng画像として書き出す際に、png8とpng24があります。制作作業をしていて、どちらで書き出すか迷ったことがあるのではないのでしょうか。

「png8は数字が小さいからきっと容量が軽いだろう」、「png24はきっと画質がきれいなのだろう」と何となく書き出しを行っている人も多いのではないでしょうか。

いずれも間違いではないのですが、より詳しくみていきたいと思います。

 

それぞれの特徴

png8
256色を表現できます。簡単なイラストデータであればこちらのほうが向いています。
データの容量は比較的軽いことがメリット。
情報がない部分は透過処理が可能。

png24
1677万色を表現できます。つまりjpg並みにきれいに画像を表現できます。写真データや複雑なイラストデータをきれいに見せることに向いています。
しかし、データの容量は比較的重いことがデメリット。
png8同様に情報がない部分は透過処理が可能。

 

画質と重さ

おおよそ予想していたことだったという方が多いのではないでしょうか。
しかし、png8で透過処理した画像を使用する際は注意が必要です。
下の画像はpng8とpng24の画像を書き出した物を拡大して比較したものです。

こちらがpng8の画像

よく見ると境界あたりが白く乱れていることが確認できます。

png8のイラスト

 

 

こちらはpng24の画像

境界部分はきれいです。

png24のイラスト

 

また、容量はpng8が25kbでpng24の方はおよそ倍の49kbになります。(400px×400pxで書き出した場合)

このことからもpng8は軽いのでwebサイトで表示速度を落とさずに表示させることができるのは想像に難しくないと思います。

つまるところ画質をとるか容量をとるかの目的によって、png8にするかpng24にするかを変えることが良さそうです。

-マーケティング

Copyright© 毎日の楽しいを創造するブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.