カメラ

圧倒的な描写力! 一眼レフ初心者ほど単焦点レンズで写真が変わる

投稿日:

行楽シーズンに欠かせないのが、思い出を残す写真ではないでしょうか。iPhone、スマホなどのモバイルカメラの画素数が増えたからといっても、デジタル一眼レフカメラのセンサーには勝てません。写真の良し悪しは、カメラのイメージセンサー、画像処理エンジン、そして「レンズ」が決め手。人物撮影で圧倒的な描写力を発揮する、「単焦点レンズ」の魅力と一眼レフの良さに迫ります。

 

画素数と写真の関係

最近のモバイルカメラの画素数は高くなる一方です。iPhone Xで1,200万画素、スマホだと2,300万画素など、いかにもキレイな写真に仕上がるイメージです。

 

電気屋さんのカメラコーナーでは、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)でも2,000万画素を超える高解像度をキャッチコピーに使っています。いかにも、一眼レフに負けないキレイな写真が撮影できそうですが、無用の長物だと言えます。

 

それは、写真の出来栄えを左右することに、画素数がそこまで関係ないからです。

人物を撮影するだけなら、1,000万画素あれば十分です。

写真の仕上がりを決めるのには、腕を除けば3つの要素が関係します。

 

・イメージセンサー(撮像素子)…シャッターを切ったときにカメラに入ってくる光(情報)を電気信号に変える半導体です。撮像素子(CMOS/CCD)とは、フィルムカメラで言えば、フィルム、目で言えば網膜にあたる部分です。このサイズが大きいほど、ボケをつくれ、暗い場所でもザラつかない写真が撮れます。例えば、モバイルカメラやコンデジでは夜桜を撮影してもざらつきが酷い仕上がりです。一眼レフだとセンサーがフルサイズ(36.0×24.0mm)またはAPS-C(23.4×16.7mm)と大きいので、それだけ状況に応じたシャープな描写で表現ができます。

 

・画像処理エンジン…非常に難しいシステムですが、簡単に言うと、イメージセンサーで受けた光の情報を画像に処理する半導体です。画像処理エンジンが高性能なほど、キレイな写真データになります。一眼レフになると格段に品質が上がりますので、それだけ質の高い作品に仕上がります。

 

・レンズ…カメラの本体は年々進化を遂げますが、レンズは「資産」と言えるほど、長く使え、凝り出したらキリがありません。1本100万円を超えるレンズもあるほど、本体よりお金のかかる物ですが、それだけの価値があります。レンズの違いで、写真の出来栄えが大きく変わってきます。一眼レフ初心者には、まずは単焦点レンズがおすすめです。奥様やお子さまがモデルのような輝きを放ちます。

 

一眼レフのマニュアル撮影のやり方

初めて一眼レフを購入する方は、「レンズキッド」と呼ばれるボディとレンズがセットになった商品を購入されたのではないでしょうか。

 

そこから、分厚い説明書を読みながら、手探りで撮影を始めることでしょう。

人や近くの物を撮影するときは、18-55mm標準ズーム、風景を撮影するときは55-300mm望遠ズームを使い分けて、楽しむことができます。

 

Auto撮影に飽きてくると、マニュアル撮影がおすすめです。写真が格段に違ってきます。マニュアル撮影のコツは、オートで撮影した写真のデータを見れば分かる、ISO感度(数値が大きいほど明るくなる)・シャッタースピード(数値が低いほど明るくなる)・F値(数値が小さいほど明るくなり、ボケる)・ホワイトバランス(色温度調整)の4つをヒント、体で覚えていきます。

 

慣れてくると、イメージ通りの写真がマニュアルで自然に撮影できるようになります。

 

ピントの合わせ方の練習は、

ピント設定を単焦点(1点)にします。

手前にコップなどを置き、コップにピントを合わせて半押し(ピントはオートの状態)で合わせます。半押しをすると、「ピッ」と音がするので分かります。そして、ピントをマニュアルに切り替えて、カメラの画角を合わせてシャッターを切ります。

 

コップにピントが合い、奥がボケると成功です。

 

初心者ほど単焦点レンズで写真が劇的に変わる

レンズキッドを使いマニュアル撮影で腕を磨いても、かなわないことがあります。

街頭やプロモーションなどで、女性が背景から浮かび上がった写真を見たことはないでしょうか。結婚式のウェディング姿の花嫁だけが浮かび上がる姿は、一眼レフと単焦点レンズがあれば、誰にでも撮影が可能です。

 

利便性だけを考えると、ズームレンズの方に分が上がります。

しかし、単焦点レンズには他のレンズにはない魅力があります。

 

単焦点レンズのメリットは、ズーム機能がないので、撮影対象に向けて撮影者が動き回る必要があります。その場に立って、「ハイチーズ」では撮影できません。カメラマンが動かないといい写真が撮影できなことが分かります。これは、初心者がなかなか気づきにくい点です。

 

そして、最大の魅力はF値(開放値)1・4など、とても明るいレンズで、目の前の被写体にボケを作れることです。オート撮影だと、シャッターを使う人が多いですが、基本的に使うのは、逆光と記者会見のようなフラッシュが炊かれている場所だけです。花火も夜景も夜桜もシャッターを使っても撮影できません。シャッタースピードを数秒、30秒など長い時間に調整して、三脚とレリーズを使えば単焦点レンズで信じられないほど美しい景色を写し出してくれます。

 

最後に

単焦点レンズの魅力はまだまだ、たくさん埋まっていますよ。キレイな写真が撮影できれば、楽しくなります。光量の少ない室内でも、明るくキレイに。ポートレート写真(人物撮影)で、相手を驚かせることができます。思い出は心に残すことできますが、いつまでも共有するには美しい形として残したいものですね。

-カメラ

Copyright© 毎日の楽しいを創造するブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.