ソフト

ライトルームのヒストグラムを活用しよう!

更新日:

ヒストグラムとは

ヒストグラムというと、白黒のグラフのようなものを想像する人も多いのではないでしょうか。

ヒストグラムは対象としている情報がどのように分布しているのかをグラフ化したものといえます。統計学でも用いられることがしばしばあります。

画像におけるヒストグラムとはピクセルがどのように分布しているのかをグラフ化したものを考えていただければいいと思います。

ライトルームのヒストグラム
ライトルームを立ち上げて、現像モジュールの右上にあるものがヒストグラムです。一般的なヒストグラムと違い、ライトルームのヒストグラムはrgbのそれぞれのカラーチャネルの分布まで表示してくれます。

ヒストグラムとは、輝度値(パーセント)ごとに写真上のピクセル数の分布を表したもので、レッド(R)、グリーン(G)、ブルー(B)のカラーチャンネルを表す 3 枚の色の層から構成されています。これらの 3 つのチャンネルがすべて重なる部分はグレー、2 つの RGB チャンネルが重なる部分はイエロー、マゼンタ、またはシアン(イエローはレッドとグリーン、マゼンタはレッドとブルー、シアンはグリーンとブルーのチャンネルが各々重なった場合)で表示されます。

アドビ公式サイトより

 

白飛び、黒つぶれを防ぐ

なぜヒストグラムが必要なのかといえば、編集作業での作品の完成度をより高めるためといえるでしょう。

ヒストグラムでは右側の方が明るいピクセル、左側が暗いピクセルを表しています。

完全にどちらかにへばりついたような形になっていると、その写真は白飛び、もしくは黒つぶれしている部分が多い写真ということになります。

黒つぶれのヒストグラム

上の写真のヒストグラムは左側にへばりついたような形になっており、黒つぶれしている部分が多い写真の例です。

白とびや黒つぶれは、いわば画像としての情報がなくなってしまった状態なので、一般的な写真を仕上げる上では避けたいことです。

しかし、シルエット写真などを作成する場合は当然黒つぶれ部分はでてきます。必ずしも白飛びや黒潰れが間違いなのではなく、自分の仕上げる写真のイメージをしっかりと持ち、その上でヒストグラムを利用するといいです。

 

直感的な操作が可能

ライトルームではヒストグラムと下の各パラメーターが連動して動きます。(当たり前ですが、、)

各パラメーターを調整することでヒストグラムを調整することができますが、ヒストグラムをマウスでドラッグすることで各パラメーターが動きます。

白飛びした部分を調整しようとしたら、ハイライトのパラメーターをいじるよりもヒストグラムを左側にドラッグしたほうが早い場合もあります。

このやり方をはじめて発見したときは、かなり画期的だなと思ったのを覚えています。みなさんも是非、やりやすい方法で画像の補正を楽しんで下さい。

-ソフト

Copyright© 毎日の楽しいを創造するブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.