ソフト

aiファイルとepsファイルの違い

更新日:

イラストレーターで制作作業をしていると、データを入稿する際に、aiファイルにするかepsファイルにするか迷うことがあると思います。

両者の違いを大まかに説明したいと思います。

 

aiファイルとは

基本的にはアドビのイラストレーターのみでしか編集ができません。ベクターデータ専用のファイル形式です。ベクターデータとは大雑把に言いますと、変形が自由自在にでき、いくら拡大してもぼけないデータです。その利点をいかして、イラストはもちろん看板のような大きなものを制作するときにも使用されます。

逆に写真などは拡大してみるとだんだんぼけてきて、点の集合体で構成されているのがわかるかと思います。これはビットマップデータと言って主に画像ファイルなどのデータ形式です。

 

epsファイルとは

epsとはEncapsulated PostScriptの略で、大まかに言いますと、aiデータ同様にベクターデータのファイル形式です。しかし、epsファイルはビットマップデータの保存も可能です。

フォトショップでもデータをeps形式で保存できることからもおわかりいただけるかと思います。元々が印刷物用の高画質のファイルとして開発されたファイル形式で、なおかつベクター形式にも対応できるという汎用性の高さから今でも、web、DTP問わず幅広く使われているファイル形式です。

しかし、イラストレーターで制作したepsデータを他のグラフィックソフトで編集しようとしてもイラストレーターの独自の編集機能が全て反映されるわけではありません。

 

両者の違い

両者の特徴の違いは、aiファイルはイラストレーターでしか、編集ができないのですが、その分容量が軽いのが特徴です。しかし、バージョンの違いによる影響はaiファイルのほうがうけやすいです。

それに対して、epsファイルは他のグラフィックソフトでも編集が可能ですが、その分同じデータを保存するにしてもaiファイルに比べると容量が大きくなります。

イラストレーターで制作して作品をepsファイルで保存する場合は特に注意が必要です。特にイラストレーターで「効果」などを使うと一気にファイルサイズが大きくなりやすいです。

データのやりとりをする際には、両者の特徴を理解し、状況に応じて対応しましょう。

-ソフト

Copyright© 毎日の楽しいを創造するブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.